×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

視力回復手術レーシックを受けたきっかけ

視力回復正手術レーシックを受けたきっかけ

スポンサードリンク

レーシック手術のことは10年くらい前から知っていました。
レーザーを使った近視を治す手術があると・・・。

そりゃあ、コンタクトやメガネがなければどんなに快適か!
でも、高いし、怖そうだし、と真剣に考えてなかったんです。

こう見えて、わたしはすっごく痛いのが苦手で、
中学校のとき、インフルエンザの予防接種があり、
みんな列に並んで腕をまくっているのに、
怖くて途中で列から抜け出し、あとで先生に叱られたこともあるし、
社会人になってからも、
健康診断の採血で泣いたこともあります(^^;

今でも、注射のときは針を刺すところは絶対に見られませんし、
献血もやったことがありません。

血とか注射とか医者とか麻酔とか病院・・・っていうのは、
わたしの中で大嫌いなNGワードだったんです。

ましてや、目の手術なんて!
目をつむることもできないじゃありませんか(泣)



そんなわたしが真剣にレーシックを受けることを考えたのは
・・・ミーハーな理由でした(^^;

ネットだかラジオだかで、わたしの大好きな芸能人が
レーシックを受けたことを知ったんです。

(ちなみに、彼はメガネがトレードマークの若手芸人です(笑)
ヒント:「あざぁ〜〜っす!!!」)

それを聞いた途端、考えが変わりました。
「私も受けよう!」

・・・なんて単純な脳細胞なんでしょう(-m-)

    →レーシックを受けた有名人

わたしがレーシックを受けたクリニックには、
なぜか有名人が多いそうです。

あのエロかっこいい倖田來未さんも、わたしと同じクリニック、
同じ先生でのオペだったそうですよ(*^o^*)


私がレーシックを受けて大満足したクリニックです↓まずは美味しい無料説明会へ

神戸クリニック


   ■相互リンク集

   メールはこちら!
   管理人室直通【HOT LINE】までお願い致します。
   ※迷惑メール対策のため、★は@に変えてください。

【厳選リンク!】


 リンク集